○中芸広域連合職員定数条例

平成10年7月1日

条例第7号

(趣旨)

第1条 この条例は、連合長、議会、監査委員、選挙管理委員会及び消防本部、消防署で常時勤務する職員(臨時の職員(臨時の職に関する場合において臨時的に任用される職員に限る。)又は非常勤の職員を除く。以下同じ。)の定数に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員の定数)

第2条 職員の定数は、次のとおりとする。

(1) 広域連合長の事務部局の職員

職員 32人

(2) 議会の事務部局の職員

職員(兼) 2人

(3) 選挙管理委員会の事務部局の職員

職員(兼) 2人

(4) 監査委員の事務補助の職員

職員(兼) 1人

(5) 消防本部・署、分所の職員

消防職員 40人

2 前項第1号に掲げる職員については、任命権者において兼任させることができる。この場合におけるこれらの職員については、定員外とする。

3 次に掲げる職員については、連合長が必要と認める限度において、第1項に定める職員の定数の外に置くことができる。

(1) 他の地方公共団体及びその機関等に派遣を命ぜられた職員

(2) 休職者

(3) 育児休業者

4 派遣職員の復帰及び休職者、育児休業者の復職により第1項の定数に過員を生じた場合に限り、一時その現在数をもって定数とすることができる。

(補則)

第3条 前条に掲げる職員定数の職の配置及び職員の配分は、別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年3月29日条例第1号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月31日条例第2号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月28日条例第2号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月26日条例第4号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月30日条例第4号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月29日条例第2号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月18日条例第2号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日条例第1号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月26日条例第2号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月18日条例第4号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月31日条例第3号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和元年12月23日条例第14号)

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

中芸広域連合職員定数条例

平成10年7月1日 条例第7号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第2章 定数・任用
沿革情報
平成10年7月1日 条例第7号
平成11年3月29日 条例第1号
平成12年3月31日 条例第2号
平成13年3月28日 条例第2号
平成15年3月26日 条例第4号
平成18年3月30日 条例第4号
平成19年3月29日 条例第2号
平成21年3月18日 条例第2号
平成22年3月25日 条例第1号
平成24年3月26日 条例第2号
平成26年3月18日 条例第4号
平成31年3月31日 条例第3号
令和元年12月23日 条例第14号