HOME > 新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目接種)のお知らせ

新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目接種)のお知らせ

保健福祉課 : 2022年05月17日

新型コロナウイルスワクチンを2回接種した場合であっても、接種後の時間の経過とともに、ワクチンの有効性や免疫原性が低下することが報告されています。
このことから、厚生労働省から2回のワクチンを接種後一定の間隔をおいて追加接種を実施する方針が発表されました。
中芸広域連合としても、国の方針に基づき順次計画・準備を行っておりますので、詳細につきましては改めてお知らせします。
 

1.接種対象者

 新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下を満たす方全員です。
 ※未接種の方、1回目のみ種済みの方で接種を希望される方は、中芸広域連合 保健福祉課までご相談ください。

 ●2回目接種を完了した日から、「一定の期間」が経過した方(※1)
 ●18歳以上の方
 ●日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※2)が完了している方


(※1)「一定の期間」は、それぞれ下記のとおりです。
対 象 2021年12月〜 2022年2月 2022年3月 2022年5月25日〜
医療従事者等や高齢者施設等の入所者等 6か月 5か月
その他の65歳以上の方 8か月 7か月 6か月
64歳以下の方 8か月 7か月
(予約枠の空き状況により6か月)

(※2)次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となりますただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。
 (ア)海外で2回接種した方
 (イ)海外在留法人向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
 (ウ)在日米軍従業員接種で2回接種した方
 (エ)製薬メーカーの治験等で2回接種した方
 

2.接種券発送スケジュール

令和3年12月から順次発送を行っています。(変更の可能性あり)

発送区分 発送予定月 発送日
(1) 令和3年4月に2回目を接種した方 (1) 令和3年12月上旬 令和3年11月30日
(2) 令和3年5月に2回目を接種した方 (2) 令和3年12月末 令和3年12月28日
(3) 令和3年6月1日〜9日に2回目を接種した方 (3) 令和4年1月下旬 令和4年1月19日
(4) 令和3年6月10日〜15日に2回目を接種した方 (4)(5)(6) 令和4年2月下旬 令和4年1月28日
(5) 令和3年6月16日〜30日に2回目を接種した方 令和4年2月14日
(6) 令和3年7月1日〜11日に2回目を接種した方
(7) 令和3年7月12日〜15日に2回目を接種した方 (7)(8) 令和4年3月下旬
(8)令和3年7月16日〜31日に2回目を接種した方 令和4年3月11日
(9) 令和3年8月に2回目を接種した方 (9)(10) 令和4年4月予定
(10) 令和3年9月1日〜3日に2回目を接種した方 令和4年4月11日
(11) 令和3年9月4日〜30日に2回目を接種した方 (11) 令和4年5月予定
(12)令和3年10月に2回目を接種した方 (12)令和4年5月予定 令和4年4月19日
(13)令和3年11月に2回目を接種した方 (13)令和4年6月予定 令和4年5月20日
(14)令和3年12月に2回目を接種した方 (14)令和4年7月予定 令和4年5月25日
(15)令和4年1月に2回目を接種した方 令和4年5月25日

※2回目を接種した日については、お手持ちの接種済証等でご確認ください。
※2回目接種時に中芸管内に住民票があった方を対象に接種券を作成するため、2回目接種終了後に中芸管内に転入された方で接種を希望される方は申請が必要です。

3.接種予約について

後日発送する接種券同封物等でお知らせします。
お手元に届きましたら、ご確認ください。
 

4.接種方法について

3回目接種においては短期間で大規模なワクチン接種を実施するため、中芸の住民を対象に集団接種のみ行います。
中芸管内の医療機関では、入院・施設入所者を除き個別接種は行いませんのでご注意ください。

◎他の予防接種を受けた場合は、13日以上間隔を空けてください。
 

住民票がある市町村以外での接種について

❶入院・入所中の医療機関や施設でワクチンを受ける方 ➡ 医療機関や施設でご相談ください。
❷基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方  ➡ 医療機関でご相談ください。
                                       ※中芸管内の医療機関では個別接種は行わず集団接種
                                        のみ行います。
❸お住まいが住所地と異なる方 ➡ 実際にお住まいの地域でワクチンを受けられる場合があります。

※実際にお住まいの市町村ホームページでご確認いただくか、相談窓口にお問い合わせください。
  なお、❸に該当する方(中芸地区以外に住民票がある方)で中芸地区での接種をご希望される場合は、住所地外接種届を提出していただく必要があります。追加接種(3回目)用の接種券をお持ちのうえ、お住まいの町村役場または中芸広域連合 保健福祉課までご相談ください。

ご本人の同意について

ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいたうえで、ご本人の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対して差別的な対応をすることはあってはなりません。
 

予防接種健康被害救済制度について

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことはできないことから、救済制度が設けられています。
 

マスクの着用など感染予防対策の継続について

新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果が確認されていますが、その効果は100%ではありません。また、ウイルスの変異による影響もあります。
このため、皆さまには感染予防対策を継続していただくようお願いします。具体的には、「3つの密(密集・密接・密閉)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。


感染予防対策を継続していただくようお願いします。


 

新型コロナワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報について

新型コロナワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、厚生労働省ホームページの「新型コロナワクチンについて」のページをご覧ください。